シニア犬と楽しく暮らそう

ルル

ついこの間までコロコロした子犬だったのに、気がつくと口の周りに白いものがちらほら。

年月とともに、犬も確実に年を取ります。高齢になっても、健康状態がよければ、今までとあまり変わらずに元気に楽しく暮らせます。常日頃から病気を予防し、病気を発見した場合は早めに治療するようにしていると、よいコンディションを保つことができます。

それでも、足腰が衰えたり、歯が抜けたり、目や耳が不自由になったりしてきます。そういう変化にいち早く気づいてあげて、適切な対処をおこなうと、快適に過ごすことができます。

今までできたことができなくなってくると、犬自身もがっかりしたりイライラしたりすることがあります。それを工夫によって飼い主さんがカバーしてあげましょう。共に歩みながら、楽しい年月を重ねて行けるといいですね。

文責:川上さとえ

PONOPONO無料メールレター

最新情報やノウハウ等、ブログではお伝えできないお話を毎週お届けしています。
無料ですのでぜひご購読ください。


記事カテゴリ

スポンサードリンク