リードを引っ張る犬の気持ちってどんなだろう?

a1180_014698_m

散歩の時、とても興奮したり落ち着かなかったりで、リードをグイグイ引っ張るから大変という方も多いのではないでしょうか。

 

 

飼い主からしてみたら、もっとゆっくり歩いて欲しい、真っ直ぐに歩いて欲しいと思ってしまうこともあるでしょう。

 

 

では、犬がリードを引っ張る時の気持ちってどんななのか想像してみたことがありますか?

 

 

散歩に行ける嬉しさが過度の興奮になって、早く早くという気持ちなのかもしれませんし、少し外が怖かったり不安な気持ちで落ち着かなくなっている場合もあると思います。

 

 

ほんの少しリードが張ったら、引っ張り返されたので、その反動でさらに引っ張っている場合も意外に多いんですよね。

 

 

いずれにしても、犬にとっても心地の良いものではないと思います。

 

 

リードを引っ張って速足で歩けば歩くほど、興奮して散歩を楽しむどころではないという悪循環にもなります。

 

 

では、どうすればリードを引っ張らないでのんびりリラックスして散歩を楽しめるようになるでしょうか。

 

 

私たちはまず、ハーネスとロングリード(小型犬で3m、中型犬で5m)での、引っ張りを固定したり緩めたりするリードワークをすることをオススメしています。

 

 

犬が引っ張ろうとしたら軽く固定し、そしてすぐに緩めることを繰り返すことで、犬が不快にならないように引っ張りを予防していく方法です。

 

 

最初は動画やレッスンでコツをつかむと、早くリードワークを習得できると思います。

 

 

引っ張らずにゆっくり歩けるようになると、匂い嗅ぎや目が合って微笑みあうことも増えてくるようになり、とっても充実した散歩になります。そして散歩でストレス発散した犬は家の中でもとても穏やかに過ごせるようになるんですよ。

 

 

 

文責:うちやま じゅんこ

 

 

 

 

 

 

PONOPONO無料メールレター

最新情報やノウハウ等、ブログではお伝えできないお話を毎週お届けしています。
無料ですのでぜひご購読ください。


記事カテゴリ

スポンサードリンク