ズバリ!犬にはお金がかかります!

IMG_2468

犬を迎える前に必ず考えておかなければいけないのが、経済的な問題です。犬との生活にかかる費用をリアルに想像しておかないと、後々こんなはずではなかった!と後悔してしまうかもしれません。実際に経済的に困って犬を手放す飼い主さんも少なくありません。そうなってしまわないためにも、どの位お金がかかるのかをよく確認しておきましょう。

 

 

小型犬を迎えた場合で、発生する費用は以下の通りです。

 

 

【初期費用】

 

・畜犬登録費用 3000円(地域により相違あり)

 

・狂犬病予防注射 3500円ほど

 

・健康診断 10000円ほど

 

・混合ワクチン 16000円ほど(1回8000円ほど)

 

・生活用品代(ハーネス、リード、フード、おやつ、ベッド、おもちゃなど) 35000円ほど

 

合計 67500円ほど。

 

 

【毎年かかる費用】

 

・食費 36000円〜

 

・おやつ代 12000円〜

 

・雑費(おもちゃ、ベッド、毛布など) 24000円ほど

 

・狂犬病予防注射 3500円ほど

 

・混合ワクチン 8000円ほど

 

・フィラリア予防 10000円ほど

 

・ノミダニ予防 12000円ほど

 

・健康診断費用(血液検査など含む)10000円ほど

 

合計 115500円ほど

 

 

その他にもトリミングが必要な犬ですと、5000円〜10000円ほどが定期的にかかる場合があります。

 

 

それから、いわゆる問題行動などで悩み、専門家にレッスンを依頼しなければならないケースも最近はとても多いと思います。カウンセリングやお散歩リードワークレッスンなどで、最低でも20000円〜50000円ほどは必要です。

 

 

家を空けるときには、犬を預けたりシッターに来てもらう必要もあります。その場合、1日おおよそ3000円〜5000円(地域や犬の大きさにより相違あり)です。

 

 

去勢、避妊手術費用は動物病院によって違いがありますが、オスの去勢でおおよそ20000円〜30000円、メスの避妊で30000円〜50000円です。あまり激安な料金のところは、術前検査がなかったり、麻酔の質が良くない可能性もありますので、慎重に選ぶことをお勧めします。

 

 

そして、こんな事は考えたくありませんが、万が一犬に病気が見つかったり、ケガをしてしまったということになると、その治療費は最低でも50000円ほどはかかかると思っておいたほうがいいです。比較的多いヘルニアなどの手術の場合で、200000円ほどの手術代が相場です。

 

 

このように、犬を飼うととてもお金がかかります。今回は小型犬のケースですので、中型犬なら1.5倍、大型犬なら2倍の費用がかかると思ってください。大型犬は特に食費だけでなく、預けたり、手術費用など全て割高です。

 

 

適切な世話や予防、治療などをおこない、犬に快適に生活してもらうためにも、経済的余裕はとても重要と言えます。

 

 

 

文責:うちやま じゅんこ

 

 

 

 

PONOPONO無料メールレター

最新情報やノウハウ等、ブログではお伝えできないお話を毎週お届けしています。
無料ですのでぜひご購読ください。


記事カテゴリ

スポンサードリンク