犬という生き物にあなたは何を求めてますか?

5cbcf65e16f2fe28693ee499c6555477_s

犬を飼うことを選択する人の心理として、犬という生き物は従順で優しく、飼い主に忠誠を誓う賢い動物であるという思いを持っている方は多いと思います。

 

そしてそれは裏を返せば、犬は人の言うことを聞くのが当たり前、飼い主のためなら犬は我慢するもの、という考えとも言えるのではないでしょうか。

 

そして人間にとって困った行動を犬がしたら、どうしてそんな事をするのか考えもせず、躾けて矯正しようとしてしまいます。

 

でも犬には犬の言い分があるのです。その行動にはキチンと理由があります。

 

その声に耳を傾けてあげる事が出来た時、本当の意味で家族や友達になれるのではないかと思います。

 

家族や友達に対しては、けっして一方的ではなく、お互いの個性を見極めながらコミュニケーションをとりますよね。

 

でもなぜか、犬に対してはやたらと一方的な考えを押し付けるのが、人間の悪いクセだと思います。

 

犬にも個性や性格、好き嫌いや苦手や得意もあります。

 

犬だから人だからと言わずに、とても大切な命として尊重しあい、わかり合いたいたいものですね。

 

文責:うちやま じゅんこ

 

 

 

PONOPONO無料メールレター

最新情報やノウハウ等、ブログではお伝えできないお話を毎週お届けしています。
無料ですのでぜひご購読ください。


記事カテゴリ

スポンサードリンク