お手入れが苦手

17ea93dbf7db45c57313f31815f6d62a_s

犬の健康のためにはお手入れが必要、だから小さいころからお手入れに慣らさなければいけない。よくそんなふうに言われています。
たしかに、爪や伸びた毛を切ったりすることは必要です。
ですが、「絶対に慣らさないと!」などと意気込むと、逆にお手入れ嫌いにしてしまいます。
やらなくてもいいものは、やらないという選択も大切です。

そもそも、お手入れにはどんなものがあるでしょうか。
爪切り、耳そうじ、歯磨き、肛門腺絞り、毛のカット、シャンプー、ブラッシングなどがあげられるでしょう。
そのそれぞれについて、見てみましょう。

【爪切り】

爪切りはどうしても必要と思っている方は多いでしょう。
確かに爪が伸びてくると歩きにくくなりますし、伸び具合によっては皮膚に刺さることもあります。
ですが中・大型犬は、散歩で歩く程度で自然に削れるので大丈夫です。
狼爪についても、切らなくても削れます。
うちで保護していた中・大型犬は、だれも爪切りはしませんでした。

他方、小型犬はときどき爪を切る必要があります。
なるべく自分で切ってあげたほうが、犬の負担が少なくてすみますが、すでに苦手になってしまっている場合は、動物病院などで手早く切ってもらいましょう。
足の先端はとてもデリケートな部分ですから、強くつかんだり握手するように握ったりせずに、やさしくそっと触ります。

犬を押さえつけて一気に切ろうとすると、いっぺんで苦手になってしまいます。
一度につき爪1本ずつにすると、すぐに終わるので犬も嫌がりません。
散歩や食事の後など興奮しているときは避けて、犬が落ち着いているときにおこないましょう。

【耳そうじ】

耳そうじは、洗浄液を入れて拭いたり、耳の中の毛を抜いたりします。
ですがこれらは、すべての犬に必要なわけではありません。
何もしなくても問題ない犬も多いのです。

その一方で、ダックスフントやトイプードルのようなたれ耳の犬や、フレンチブルドッグなどの皮膚が弱い犬は、外耳炎になりやすい傾向があります。
だからといって耳そうじをやりすぎると、かえってよくありません。
耳の毛を抜くときに傷つけて、そこから外耳炎を発症することもあります。

普段のお手入れは、コットンを指に巻いて、耳の入り口付近を軽く拭く程度にするといいです。
犬が嫌がったらやらないほうがいいです。
トラブルがある場合は、動物病院に連れて行きましょう。

【歯磨き】

最近、歯磨きの重要性が強調されています。
歯磨きをして歯周病を予防しようというのです。
そのためには、歯周ポケットの中にまでしっかりブラシの先端を入れ、歯垢を掻き出さないといけません。
ですが、口が小さい犬でこれを行なうのは、とても困難です。

ガーゼでぬぐうだけでは歯周病効果はないと、歯科医は言います。
口のまわりは非常にデリケートな部位なので、余計に難しいものです。
無理におこなうと、余計に苦手になってしまうので、やめたほうがいいでしょう。

歯石の付きやすさには個体差があります。
付きにくい個体は、なにもしなくても大丈夫です。
小型犬は付きやすい傾向がありますが、口が小さすぎてよく磨けません。
嫌がらない程度にやってみてもいいかもしれませんが、がんばらないようにしましょう。

文責:川上さとえ

PONOPONO無料メールレター

最新情報やノウハウ等、ブログではお伝えできないお話を毎週お届けしています。
無料ですのでぜひご購読ください。


記事カテゴリ

スポンサードリンク