他の犬に吠えるのはどうして?

s_DSC_1420

お散歩をしているとき、他の犬に吠えることに困っている飼い主さんは多いです。
他の犬に吠えて、興奮してしまい、リードを引っ張ってしまうという光景もよく見られます。

「吠えたらダメ」、「お友だちじゃない」と叱る人もいれば、
グイグイリードを引いて犬を引きずりながら足早に立ち去る人もいます。
でも、それではずっと他の犬に吠えてしまって、犬も人もゆっくりお散歩ができません。
叱ったり、リードをひいても吠えはなおらないのです。
吠えるって結構エネルギーのいることなので、お散歩のとき何度も何度も吠えていたらとても疲れてしまいます。

 

では、なんで他の犬に吠えるのでしょうか?
犬見知りがあるから?

 

他の犬に吠えるのは、怖くて近づいて欲しくないときと、一緒に遊びたいときがあります。
でも、ほとんどの場合は怖くて近づいて欲しくないときです。
「もうこれ以上近づかないで!」と言っています。

 

多くの犬は流通過程で非常に早くに母親や兄弟たちと離されてしまい、一人になります。
そのことで他の犬との関わり方や挨拶の仕方を学ぶことが難しいという現状があります。
他の犬を見てもどうしたらいいのか分からないのです。

 

分からないのに叱っても、上手くなってほしいと思っても状況は改善しません。
まずは犬に会わないようにしてください。

 

お散歩の時間帯を工夫したり、場所を探したりして、あまり犬に合わない場所や時間でお散歩をします。
怖かったり、近づきたくない人や物がいると私たちもソワソワ、びくびくしますよね。
そういう思いを犬がしないように気をつけるというイメージを持つと分かりやすいと思います。

 

お散歩は犬にとってはとても楽しみな時間です。
怖い思いをしないようにしてあげてください。

 

お散歩をゆっくりできるようになったら、次のステップへ。

 

文責:福井 日花里

 

 

PONOPONO無料メールレター

最新情報やノウハウ等、ブログではお伝えできないお話を毎週お届けしています。
無料ですのでぜひご購読ください。


記事カテゴリ

スポンサードリンク