犬の習性について ②噛む

81fdf9ce325afaa951778015af56f2a1_s

犬が靴下をもっていく、消しゴムを咥えて齧っていた、
とっておいたビニールをビリビリにしていた、
スリッパを噛んでしまった・・・・。

 

「これは噛んじゃダメ!」、「もういたずらしないで!」と
犬を怒ることがあるかもしれませんが、でもちょっと待って!
怒ったり叱ったりする前に理由を考えてみてください。

 

犬はおもしろそうなもの、興味があるものは口に咥えて

「どんなものかな?」と確かめます。
人間も道や部屋に何か分からないけど「あれなんだろう?」というものがあれば、

手にとって確認しますよね。

それを犬は口に咥えて行います。

 

何か分からないけど確認したい、おもしろそうだな、
この噛み心地すきなんだよ・・などなど
犬は口を使って色々な情報を集めたり、

面白そうなものを噛んで楽しんだりしているのです。
決していたずらをしているわけではありません。

 

手の届くところにおもしろそうなものがあれば、つい触りますよね。
それと同じです。

 

もし咥えたり、齧られたりしたくなければ
犬が届かないところにきちんとしまっておきましょう。
そうすればOKです。

 

最初はその都度片づけるのが面倒になりますが、

癖をつけると「もうなんで噛むの!」と怒らずに済むので楽ちんです。

また気をつけてほしいのは、犬が口に咥えているものは取り上げたり、

無理やり奪ったりしないでください。

 

自分が持っているものを訳もなくパッと取り上げたれたり、

力づくで奪われると不愉快ですよね。

 

犬が興味がなくなったり、他の事で気がそれているときに

ソッと回収するようにしてください。

 

犬と暮らすと物を出さないようになるので、

収納上手になって一石二鳥ですよ!!

 

文責:福井 日花里

 

 

 

PONOPONO無料メールレター

最新情報やノウハウ等、ブログではお伝えできないお話を毎週お届けしています。
無料ですのでぜひご購読ください。


記事カテゴリ

スポンサードリンク