お留守番が苦手なのは不安なせい

c9cbeae6886f79b9b4fd261e1a6626f8_s

犬と暮らしていてどうしても

お留守番をしてもらわないといけないことがあります。

 

「いってらっしゃい」と言って

あとはお昼寝でもしてのんびり過ごしてもらえれば安心ですが、

とてもお留守番が苦手な子もいます。

 

飼い主と離れることによってすごく不安になり、

居ても立っても居られない状態になり、

それが原因でストレス行動をしてしまうことがあります。

 

 

具体的には粗相をしてしまったり、

家具を破壊してしまったり、

遠吠えをしてしまったりなどが挙げられます。

 

もし、家に帰ってきて、

犬がいろんなところにおしっこをしていたり、

家具をガジガジ噛んでいたりしても

決して怒ったりしないでください。

 

犬は故意的にいたずらや粗相をしようと思ったわけではないのです。

 

このように飼い主と離れることで

不安を感じることを「分離不安」といい、

それにより引き起こされる行動を「分離ストレス行動」と言います。

 

分離ストレス行動の軽減には犬の抱える不安を軽減することが

とても大切になります。

 

何をしたらお留守番が上手になるというものではなく、

犬が抱える心の不安を理解し、

少しずつですが、不安を小さくしていくことを目標にします。

対症療法では改善しません。

 

 

まずは愛犬がどんなことに不安を抱えているのか

考えてみることからはじめてみてください。

 

文責:福井 日花里

 

 

PONOPONO無料メールレター

最新情報やノウハウ等、ブログではお伝えできないお話を毎週お届けしています。
無料ですのでぜひご購読ください。


記事カテゴリ

スポンサードリンク